蜂の退治を的確に行ないたいなら業者に依頼がベスト

主婦

記事一覧

危険なあの虫から身を守る

ハチ

毒を持つ危険な虫

昆虫の中でも最も危険と言われているのが蜂です。黄色と黒色のシマがかわいくも見えますが、その身体には毒を持ち、刺されれば最悪死に至ることもあります。危険な蜂で代表的なのは、「スズメバチ」「アシナガバチ」の2種類になります。スズメバチは主に地中や木の根元に住処を構えます。丸く、大きい外側を覆った巣を作ります。アシナガバチは都市部で暮らすことのできる蜂で、建物などに巣を作ります。扇状で開けた形の巣を作ります。この2種類の蜂は毒を持っており、攻撃性も高めで、危険度が高くなります。どの種類も自然の中で共に生きていますが、針に刺されれば死に至るケースもあります。身近な場所で巣を作り、繁殖してしまう時には巣を壊したり、退治するなどの対処が必要となります。

対処方法とは

身近な場所に蜂の巣を作られてしまった時には、まずは落ち着いて行動しましょう。蜂を刺激するような行動をとると、さらに攻撃性を増してしまいます。まずは巣の大きさを見ましょう。10センチ以下の小さな巣であれば、女王蜂と数匹で巣を作っている状態です。この状態ならば、自己にて巣をとることが可能です。その際にはもちろん身体を守るための服装や帽子、ゴーグルも用意しておきましょう。退治は夕方から行いましょう。暗くなるにつれて蜂の動きは鈍くなります。殺虫剤を巣に噴射し、蜂を弱らせたのち、棒などを使い蜂の巣を落としましょう。落とした物はビニル袋に入れ固く袋を結び退治完了です。上記のように自己にて行えるケースもありますが、基本的には危険と隣り合わせで難しい行為です。退治を行ってくれる業者がたくさんありますので、まずはそちらに相談することが大切です。

相見積もりが便利

鼠

ねずみ駆除の料金を安くして会社に依頼したい場合は、相見積もりで複数の会社から見積もりをもらうことをお勧めします。複数の見積もりを比較するだけで、料金の比較だけでなく駆除方法を比べることもできるのです。

» 詳しく読む

自分で行う退治方法

ハト

CDをつるしたり、バラのアロマオイルを振りまく、ベランダでハーブを育てるなどの対策法で、鳩を追い出せる可能性があります。ただ、これらの方法で出て行かない場合は、最終的に専門業者に駆除を依頼しましょう。

» 詳しく読む

手軽にあるもので駆除

ゴキブリ

最近、ゴキブリ駆除にアロマオイルやハッカ油を使う方が増えています。簡単で爽やかなにおいというのも人気ですが、生ごみや食べかすを片付けて、家の中を衛生的にも安全な状態にしておくことも大事ですし、もっと効果的ですよ。

» 詳しく読む